日本の多くの人が加入している生命保険。生涯の中でも大きな買い物の一つに数えられるものですので、慎重に最適な生命保険商品を購入したいと思うものですが、なかなか商品の量や種類が多いためどれを選択すべきなのか迷ってしまう事があります。しかし大きく分けると下記の3つに分類する事が出来ます。
まず基本的な定期保険。保険期間を決めてその期間内に死亡あるいは高度障害になった場合にのみ保険金が受取れる保険です。保険期間を決めるという点が特徴で、満期と言われるその期間を過ぎてしまうと保障を受ける事が出来ません。そして2つ目が終身保険です。先程と違い、保険期間が終身のため一生涯の死亡保障が得られる保険の事です。つまり期間による制約が無く、死亡するまで保障が続くといった保険の種類になります。そして3つ目は養老保険です。名前から想像しずらいかもしれませんが、この保険は死亡をした場合には死亡保険金を受取る事ができ、満期まで生存していれば満期保険金が受取れる仕組みとなっています。この様に3つを比べるだけでも生命保険の種類は異なり、目的に合わせた生命保険を選択する事が非常に重要になって来ますので、各種特徴を理解した上で自分が求める保険を選択する様にしましょう。