死亡保障のある保険は大きく分けて4つのタイプに分けることができます。まず一つ目は定期保険です。この保険は決められた期間内を保障する、つまり保険期間が限られた保険になります。その特徴としては、いわゆる満期金や解約返戻金がありません。期間限定のため、保険料自体は、比較的安く抑えられています。また、保険期間終了時にさらに更新すると、それまで払っていた金額よりも保険料は高くなってしまいます。二つ目は終身保険です。これは死亡するまで生涯にわたって保障を受けられる保険です。つまり保障が一生涯続く保険なのです。この保険の特徴としては、その保障が一生涯であるため、保険料は定期タイプ保険よりはやや高めになります。ですが途中で解約した場合には、解約返戻金を受け取ることができます。また、期間が決まっていませんので、いつ死亡しても、一定の死亡保険金を受け取ることができます。三つ目は養老保険です。これは簡単に言うと、老後の本人や家族を養うための保険です。その特徴としては、満期まで保険料を積み立てていき、満期になった時点で、利息を足して受け取る貯蓄タイプの保険です。ですがその分保険料が高く設定されていますので、保険料は終身タイプよりも高めになります。四つ目は収入保障保険です。これは、毎月の収入を保証する保険です。定期型保険と似ていますが、違いは、毎月一定額を受け取ることができるという点です。それぞれの保険のタイプを見極め、自分に合った保険を選ぶことが大切です。