死亡保険の一種に、収入保障保険というものがあります。この保険は比較的安い保険料で、万が一の際に手厚い保障が受けれるという点が魅力となっています。この保険では被保険者が高度傷害と認められたときや死亡した際に、保険金が支給されることになります。
もしも、一家の家計を支えている人物が死亡したり働けない状態になってしまったとき、金銭的にかなり不安定な状態になってしまうことが予想できます。一般的な保険では被保険者が死亡したときに保険金が一括で支給されることになりますが、この保険ではあらかじめ決めておいた期間中、毎月の給料のように一定額の保険金が支給されることになります。そのため、家計を支えている人物に万が一の出来事があったとしても、遺された家族は経済的に安定した暮らしを続けることができるのです。
ただし、この保険に関しては比較的保険料が安いため、保険が開始されてからあまり期間が経過していない場合、それまでに支払った保険料が少なく、また保険満了までの期間が長く残されることになるため、支給される保険金が非常に少なくなってしまうという弱点があります。
その点を踏まえて、まだ若いうちに加入しておくなどの対策をとっておくのが大事なことになってきます。