業界の現状を知っておく

| 未分類 |

一昔前までは、生命保険の加入と言えば、自宅や職場にセールスマンやセールスレディがやって来て、この保険に加入すれば如何に安心か、将来のために必要かを売り込んで来るという形が一般的でした。ですが近年では、共働きの家が増え留守宅が多くなった上に、オフィスでもセキュリティの問題が重要視され始めた事で、セールスマンが売り込みに訪れる事が出来難くなっています。
とはいえ、そんな風に時代や環境が変わったせいで、現在、生命保険に入っている人がほとんどいなくなったかと言うと、そんな事はないです。今では以前の様に、保険の売り込みに応えるという受け身の形ではなく、インターネットを用いて自ら保険選びをして加入する時代となっているのです。
しかもインターネットが普及し、それが活かされる時代になった事で、新規参入のチャンスというのも大いに生まれました。特に外資系は、パンフレットや支店等の店舗を多く作る必要がないという利点を活かし、経費を削った分を、保障の良さや低料金に活かすという手法により、国内のシェアを大いに広げる事に成功しています。ネット生保という方法により、外資系の保険会社は大いに国内市場に食い込む事が出来たのです。そしてそれに対抗する形で、国内の保険会社も低価格路線を組み込み、価格競争が起きたお陰で現在、お客にとっては安く手厚い保障というのが実現されています。