» 未分類のブログ記事

死亡保険の一種に、収入保障保険というものがあります。この保険は比較的安い保険料で、万が一の際に手厚い保障が受けれるという点が魅力となっています。この保険では被保険者が高度傷害と認められたときや死亡した際に、保険金が支給されることになります。
もしも、一家の家計を支えている人物が死亡したり働けない状態になってしまったとき、金銭的にかなり不安定な状態になってしまうことが予想できます。一般的な保険では被保険者が死亡したときに保険金が一括で支給されることになりますが、この保険ではあらかじめ決めておいた期間中、毎月の給料のように一定額の保険金が支給されることになります。そのため、家計を支えている人物に万が一の出来事があったとしても、遺された家族は経済的に安定した暮らしを続けることができるのです。
ただし、この保険に関しては比較的保険料が安いため、保険が開始されてからあまり期間が経過していない場合、それまでに支払った保険料が少なく、また保険満了までの期間が長く残されることになるため、支給される保険金が非常に少なくなってしまうという弱点があります。
その点を踏まえて、まだ若いうちに加入しておくなどの対策をとっておくのが大事なことになってきます。

日本の多くの人が加入している生命保険。生涯の中でも大きな買い物の一つに数えられるものですので、慎重に最適な生命保険商品を購入したいと思うものですが、なかなか商品の量や種類が多いためどれを選択すべきなのか迷ってしまう事があります。しかし大きく分けると下記の3つに分類する事が出来ます。
まず基本的な定期保険。保険期間を決めてその期間内に死亡あるいは高度障害になった場合にのみ保険金が受取れる保険です。保険期間を決めるという点が特徴で、満期と言われるその期間を過ぎてしまうと保障を受ける事が出来ません。そして2つ目が終身保険です。先程と違い、保険期間が終身のため一生涯の死亡保障が得られる保険の事です。つまり期間による制約が無く、死亡するまで保障が続くといった保険の種類になります。そして3つ目は養老保険です。名前から想像しずらいかもしれませんが、この保険は死亡をした場合には死亡保険金を受取る事ができ、満期まで生存していれば満期保険金が受取れる仕組みとなっています。この様に3つを比べるだけでも生命保険の種類は異なり、目的に合わせた生命保険を選択する事が非常に重要になって来ますので、各種特徴を理解した上で自分が求める保険を選択する様にしましょう。

死亡保障のある保険は大きく分けて4つのタイプに分けることができます。まず一つ目は定期保険です。この保険は決められた期間内を保障する、つまり保険期間が限られた保険になります。その特徴としては、いわゆる満期金や解約返戻金がありません。期間限定のため、保険料自体は、比較的安く抑えられています。また、保険期間終了時にさらに更新すると、それまで払っていた金額よりも保険料は高くなってしまいます。二つ目は終身保険です。これは死亡するまで生涯にわたって保障を受けられる保険です。つまり保障が一生涯続く保険なのです。この保険の特徴としては、その保障が一生涯であるため、保険料は定期タイプ保険よりはやや高めになります。ですが途中で解約した場合には、解約返戻金を受け取ることができます。また、期間が決まっていませんので、いつ死亡しても、一定の死亡保険金を受け取ることができます。三つ目は養老保険です。これは簡単に言うと、老後の本人や家族を養うための保険です。その特徴としては、満期まで保険料を積み立てていき、満期になった時点で、利息を足して受け取る貯蓄タイプの保険です。ですがその分保険料が高く設定されていますので、保険料は終身タイプよりも高めになります。四つ目は収入保障保険です。これは、毎月の収入を保証する保険です。定期型保険と似ていますが、違いは、毎月一定額を受け取ることができるという点です。それぞれの保険のタイプを見極め、自分に合った保険を選ぶことが大切です。

 

生命保険は非常に分かりにくい部分があります。複雑な特約がたくさん付いていたりしても、特に若いうちはあまり必要ないように感じる場合もあります。そこで最近注目されているのは単品商品です。特にネット生保という分野の商品は非常に安い保険料で、商品を展開しています。お店を持たないでしかも人件費も抑えることが出来るネット生保は大変お買い得です。働き盛りで子供がいる場合など、一時的に保障を厚くして起きたい場合など定期保険で加入しておくには非常に手頃な値段になります。入院に関して医療保険で入院額が1日いくらかなど、非常にシンプルで分かりやすいので補助的な使い方で加入することが出来ます。ガン保険も保障がシンプルです。若いうちに加入しておけば非常に安い料金で保障がつくのでほとんど経済的負担になりません。保険がシンプルでわかりやすくなったことは、支払いなどもスピーディになり便利になりました。単品なので保険について訪ねることもなくなり、インターネットで24時間申し込むことが出来ます。単品だから保障部分が保険同士でかぶってしまうこともなく、無駄な保険料を払うこともなくなります。シュミレーションでしっかり計画をたてて契約することが大事です。

業界の現状を知っておく

| 未分類 |

一昔前までは、生命保険の加入と言えば、自宅や職場にセールスマンやセールスレディがやって来て、この保険に加入すれば如何に安心か、将来のために必要かを売り込んで来るという形が一般的でした。ですが近年では、共働きの家が増え留守宅が多くなった上に、オフィスでもセキュリティの問題が重要視され始めた事で、セールスマンが売り込みに訪れる事が出来難くなっています。
とはいえ、そんな風に時代や環境が変わったせいで、現在、生命保険に入っている人がほとんどいなくなったかと言うと、そんな事はないです。今では以前の様に、保険の売り込みに応えるという受け身の形ではなく、インターネットを用いて自ら保険選びをして加入する時代となっているのです。
しかもインターネットが普及し、それが活かされる時代になった事で、新規参入のチャンスというのも大いに生まれました。特に外資系は、パンフレットや支店等の店舗を多く作る必要がないという利点を活かし、経費を削った分を、保障の良さや低料金に活かすという手法により、国内のシェアを大いに広げる事に成功しています。ネット生保という方法により、外資系の保険会社は大いに国内市場に食い込む事が出来たのです。そしてそれに対抗する形で、国内の保険会社も低価格路線を組み込み、価格競争が起きたお陰で現在、お客にとっては安く手厚い保障というのが実現されています。

 生命保険の選び方のポイントは保険を販売する会社ではなく、商品で選ぶことが重要です。生命保険という商品は、基本的に加入者の死亡や傷病などで、事前の契約に応じて保険金が支払われる仕組みになっていてます。そのため、生命保険は年齢とともに異なる要求を考慮する事が重要で、事前に個々の状況により異なる補償内容を十分に検討することが重要なのです。
例えば、必要な保障額を決めるには、複数の会社の商品を比較し、個々のニーズに応える事が出来る最適な商品を選択する必要があります。
この生命保険には保障内容を定期的に見直すことができるものもあります。このような商品の場合は、保障期間が定期的に更新できるため、更新時期に必要な保障の追加が可能です。
又、この商品には積立や定期、終身など多種多様な商品の選択肢の中から自由に選べる生命保険商品もあり、個々の状態に合わせて保障内容を見なおすことができるものもあるために、利便性の高いものとなっています。
そして、生命保険の中には、一定期間中の解約に関する返戻し金が大幅に抑えられている商品もあり、このような商品は月々の保険料も安くなっており、長期間の加入が可能で、お得な生命保険となっています。

生命保険などが一般の人にとってわかりにくいのは、保険商品にさまざまなオプションが付属されているからです。基本的に保険商品は主契約と呼ばれるメインの部分と、特約と呼ばれるオプション契約によって構成されています。保険商品の根幹をなすメインの部分についてはシンプルな内容となっているのですが、オプションとして付属されているものに関しては各保険会社が工夫を凝らしたサービスが多数存在しているので、これが保険の分かりにくさにつながってしまっているのです。
もちろん保険はいざという時に備えるものですので、契約の際にはあらゆる事態を想定することになります。その結果、営業担当者に言われるままにさまざまなオプションをつけてしまいがちになるのです。あらゆるリスクに備えることは決して悪いことではないのですが、不必要なオプションまで付属して、保険料の支払いに窮するのでは意味がありません。
したがってそのような状態にならないためにも、保険を契約する際にはまずオプションを一切付けない状態の設計書を作成してもらい、そこから本当に必要だと思われるオプションだけ付け足していくようにするのが基本です。またライフステージの変化に伴って、加入している保険を見直すことも大切です。

普段の生活を送っていると健康という言葉はなかなか感じ取る機会はないかもしれませんが、実際に体を壊して入院ということになれば仕事であったり収入という事に響いて来たりするので、日々の健康というものがいかに大切なことかというのを実感させられることでしょう。
生活においては大事なポイントというものがあり、普段の生活や、万が一のための保証というものをしっかりと確保して行くということが必要なのです。
そのためにも貯蓄というものは必要不可欠になります。
また一番あり得るというように考える事の中では、やはり病気というものが頻度も高く、可能性としては生活に一番かかわりがあるというように感じられるのではないでしょうか。
そのため医療保障というものが十分かどうかというチェックも行っておきましょう。
その次に死亡に対してどのぐらいの死亡保障があるかというのもポイントとして考えておきましょう。
働いている世代の収入ということが立たれてしまった後の生活というものを成り立たせていくためには、それなりの補償というものが必要にもなるからです。
そしてきちんと仕事をおこない退職を出来るというような想定がなされた後には老後の資金について考えるというようにすることで、安心した日々の生活という事につながっていくと考えられるのです。

保険の種類に「貯蓄型」と「掛け捨て型」とがありますが、違いはご存じですか?
それぞれの特徴をよく知っておかないと、かえって損してしまうことがあります。
「貯蓄型」:一定期間支払うと、満期にある程度の金額が戻ってくるタイプ。
「掛け捨て型」:貯蓄型の反対で、払い戻しの無いタイプ。
日本では「掛け捨て型は損」という印象を持つ人が多く、これまでは貯蓄型の商品が主流でした。
しかし掛け捨て型は、安い料金で大きな保障が得られるというメリットがあります。
震災や事故・病気などで莫大なハンデを背負うケースが増えていることから、「安心料」「人生の必要経費」と割り切って掛け捨て型の商品に加入する人が増えています。
また、最近特に注目されているのが、全労済や県民共済などの掛金制度です。
基本的には掛け捨て型ですが、利益を追求しないという共済の理念に基づき、年間決済で剰余金が発生した場合は頭割りで各会員へ払い戻す「割戻金」という制度があります。
共済団体ごとに差はありますが、ここ数年では平均して、年間掛金の3〜4割程度の金額が割戻しになっています。
掛け捨て型と貯蓄型の「いいところ取り」とも言える制度ですので、チェックしておいて損は無いですね。